ぺニスを大きくするには、海綿体のスポンジ部分の血流を増やすことが大事です。
どんな男性でも、年齢が進むにつれて、下半身の元気がなくなってくるものですが、男性機能の衰えが現れやすいのが、性的な興奮にしっかりと反応して、勃起するかどうかです。

 

勃起障害の主な原因は、血管と神経にあり、血流の流れが悪くなると、ぺニスの精巣に血が行き渡らなくなり、栄養素や酸素が届きにくくなってしまいます。
勃起というのは、ペニスの海綿体の充血によるものですから、血流が物理的なメカニズムとして重要となります。
高脂血症や動脈硬化などで血管が詰まってしまうと、血流が阻害されてしまうため、勃起障害が起こってしまいます。
男性の中には、自分のペニスの大きさにコンプレックスを持っている人も多いかもしれません

 

特に日本人男性は、世界的に見るとそれほど大きいとはいえませんから、大きくしたいと思っている人も少なくありません。
ペニスの大きさは、思春期に決まってしまいますが、鍛えることで、海綿体の血管を太くすることができ、結果的に勃起時のペニスのサイズを大きくすることは可能です。
増大にしようと思うと、ペニス増大サプリや器具、トレーニングなどを駆使して、流れ込む血液の量を増やすことで、海綿体組織を成長させて、徐々に大きくなっていきます。
トレーニングの方法は、勃起した状態でペニスの根元を強く締め付けると、ペニスに送り込まれた血液が、ペニスの中に閉じこめられてはれ上がります。この状態を繰り返すことで、海綿体の要領が徐々に増えていき、今のペニスよりも太く長くなっていきます。

 

ペニス増大のトレーニングによって、陰茎の細胞が成長し、増加していきます。この細胞のサイズが大きくなって細胞の数が増えることで、より多くの血液をためておくことが可能になります。
ペニス増大には、トレーニング以外にも、マカやアルギニン、シトルリン、亜鉛などの栄養素が重要です。
栄養素はサプリで摂るのが効果的ですが、毎日の食べ物からでも摂取することができます。
アルギニンは、成長ホルモンの分泌促進や血流量の増加など、ペニス増大には重要な栄養素です。
特に、高野豆腐に多く含まれていますから、毎日の味噌汁やスープに入れて摂るとよいでしょう。
シトルリンは、血管を広げて細胞を増強させる効果があり、ウリ科の植物に多く含まれています。
亜鉛は、精子を作る材料にもなり、精力を大幅に増加させる効果があります。特にレバーや牡蠣に多く含まれています。
このほかにも、ペニス増大には、うなぎや山芋などもおすすめの食べ物です。

更新履歴